Slot 1とは


申し訳ございません。
現在工事中です

Slot 1 は、いくつかのインテルのマイクロプロセッサで使われたスロットの、物理的・電気的仕様のことである。Slot 1 は Celeron と Pentium II 及び Pentium III で使用された。シングルプロセッサ向けと、デュアルプロセッサ向けの設計が、それぞれ実装された。 Slot 1 は、Pentium 以前のプロセッサで使われていた、正方形の ZIF PGA/SPGA ソケットを使用しなかった。代わりに、PCI スロットに似た形状の 242 ピンのエッジコネクタを持つ、シングル・エッジ・コンタクト・カートリッジ (SECC) に CPU を搭載した。 Slot 1 の仕様は、Socket 7 よりも高いバスレートを可能としており、Slot 1 のマザーボードは、GTL+ バスプロトコルを使用していた。 一部の 350 MHz 及び 450 MHz の Pentimu II と、全ての Slot 1 の Pentium III は、改善された SECC2 で提供された。 SECC2 リテンション・クリップは SECC パッケージを保持することができるが、SECC のクリップは SECC2 パッケージを保持できないことに気をつけるべきである。 AMD が使用している Slot A は、機械的には同一のものであったが、電気的な互換性はなかった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

かつら 骨盤矯正 プチ整形 顔やせ トリマー ピロリ菌 電子マネー コーチング 緑内障 小顔